倉庫といっても用途により様々な種類があった

倉庫といっても用途により様々な種類があった

倉庫の目的やその使用用途とは

製造工場とともに併設されていることが多い倉庫ですが、製造工場などではそこで作られた製品を保管したり、必要な品物を貯蔵するためなどに使われています。倉庫は建物に分類されていて、不動産登記規則にも記載されているのです。また土地家屋調査士が使う調査、測量実施要領にも倉庫は物品の収納、保管の用に供する比較的規模の大きな建物とあります。大きいから倉庫という訳ではなく使用用途が商業用であれば、倉庫と申請することが可能です。また事務所など居住以外の目的に使う建物も倉庫と呼ばれています。沢山のトラックが出入りする物流センターでよく見かける建物は倉庫であり、そもそも倉庫は食品や物を長期保存する目的に作られた、専用建造物の総称なのです。

倉庫の種類と貯蔵するもの

賃貸アパートやマンションのように、月極で借りることが出来る倉庫を営業倉庫と呼びます。営業倉庫には物品によって普通倉庫や冷蔵倉庫、水面倉庫などのいくつかの種類にわけることが出来ます。また普通倉庫の中にはトランクルームや野積み倉庫という雨風にさらされても大丈夫なものや、穀物など袋に入っていないものを貯蔵したり液体のものを貯蔵する貯蔵槽倉庫などがあるのです。倉庫を建てる際にはどのような目的で使用するのか、湿度や温度管理、セキュリティ対策など何が必要なのかを把握することは大切です。倉庫業法には物品を保管する施設には建物の他に、「工作を施した土地や水面も含まれている」とあります。

3PLとは物流業務の形態のひとつになり、第三者の事業者に対して業務を委託することです。業務効率を上げる手段として取り入れる企業が多いです。

カジノホールデム